ながらウォークNews!

ながらの伝道師とCM撮影裏話

ながらウォークTVCM剛力彩芽さんのながらの伝道師ストーリー

2016年8月11日からゆらゆら骨盤運動マシン「ながらウォーク」の新CMがスタートしています。ワンダーコアスマートに引き続き、剛力彩芽さんがながらの伝道師として南国風の衣装に身を包んで出演しています。

ながらウォーク新CMのストーリーは以下のようにリリースされています。

お買い物を楽しむ若い女性。気に入った服を持って試着室に入り、いざ着てみようとしたところ、なんとチャックが閉まらない…!思わず漏れる「げ!入んない…」の一言。そこへ急に、「チャックしまんないなら~」の掛け声とともに屈強なフラダンサー軍団が神輿を担いで現  われます。驚く女性を尻目にずんずん近づいてくるフラダンサー軍団。中央の神輿には、「ながらウォーク」を持った"ながらの伝道師"(剛力彩芽さん)が優雅に座っています。

フラダンサー軍団に取り囲まれた女性は、そのまま「ながらウォーク」の上に座らされます。わけがわからず慌てふためく女性ですが、フラダンサー軍団が歌う「横にゆらゆら~」「縦にゆらゆら~」「8の字にゆらゆら~」の歌に合わせて「ながらウォーク」で骨盤運動をしてみると…なんと、お腹がすっきりしています!「え!?すっきり!」と驚きを隠せない女性を、フランダンサー軍団は豪快に胴上げして祝福します。

これには"ながらの伝道師"の剛力さんも大喜び。

こうしてこれからも、"ながらの伝道師"は、試着室での「げ!入んない…」を解決していくのでした。

剛力彩芽さんが「ながらの伝道師」であることはCMをご覧になった方々は気付かれるのでしょうか。このプレスリリースを読んで初めて気づいた次第です。全体のコミカルさと剛力彩芽さんの無表情とのコントラストにばかり注意がいってしまいました。あの女性に3分ゆらゆらを指導していたのですね。

今CMの撮影の様子では、剛力彩芽さんは男性フラダンサーたちに神輿で担ぎ上げられて、神輿が大きく揺れてもながらの伝道師になりきって表情を変えることなく演じられたそうです。

服のチャックが上がらなかった女性にながらウォークを伝導するシーンでは、総勢15名のフランダンサーたちと左右、前後に揺れるところを撮影したそうです。人数が多いため、なかなか動きがぴったり合わずに繰り返し撮影が行われたとか。

確かにながらウォークは少し体重をかけるとすーっと動いてしまうのでタイミングをあわせるのも、そして角度を合わせるのがそれ以上に難しそうです。体重が違うと傾くスピードや角度は違ってしまいそうですから。

少しずつ動きの調整を行いながら撮影テイクを繰り返して、いよいよ全員のながらウォークでも動きがぴったりと合った時には出演者・スタッフ全員が大喝采だったそうです。かなり大変な撮影だった模様。照明と人の熱気がすごかったそうです。

最後にアップになる「ながらの伝道師」の肖像画は、最初に剛力彩芽さんが登場する時に座っている玉座の後ろにある巨大なイラストです。100号サイズに枠などをつけているので本当に大きいもので、手描きで剛力彩芽さんの肖像画が2日間かけて描かれたそうです。額の部分を作るためにも丸1日を要し、合計3日もかけて作られています。なんとも手間のかかった作品だったのです。

CMではその肖像画の「ながらの伝道師」の口が動いて「ながらウォークで検索!」で終わります。CMでは、神輿の上に乗せられた肖像画もぜひ注目しましょう。

タレント概要:剛力 彩芽(ごうりき あやめ)

  • 生年月日:1992年8月27日
  • 出身地:神奈川県
  • 血液型:O型
  • ドラマ、映画、CM、バラエティと幅広く活躍中。
  • 出演歴:2011年「大切なことはすべて君が教えてくれた」、2013年「ビブリ
  • ア古書堂の事件手帖」「クロコーチ」など。テレビ朝日 金曜ナイトドラマ
  • 「グ・ラ・メ!~総理の 料理番~」に主演で出演中。